MENU

NPO法人 子ども・若者サポート はみんぐNPO法人 子ども・若者サポート はみんぐ

組織概要

ごあいさつ

私たちは、2003年に「上伊那子どもサポートセンター」を発足させ、不登校・ひきこもりの児童生徒の支援活動を開始しました。

しかし、その後も子ども若者を取り巻く環境は、度重なる災害・放射能への不安・経済格差など、ますます厳しいものになっています。そのような環境の中で、子ども・若者は、発達障がい、いじめ、不登校、ひきこもりなど様々な問題に直面し、将来に希望を描くことが困難な状況にあります。

私たちは、さまざまな活動を通して人の生き方を問い、どのように子ども・若者の未来を創っていくべきかを真剣に考えてきました。そして、共に生きる社会のなかで、子ども・若者が様々な価値観や人格にふれ、自己肯定感を高めながら視野を拡げて自立・成長できる環境を創りたいと思いました。

私たちは、一人ひとりの子ども・若者に寄り添った多様な自立支援を行なうとともに、本人・家族の孤立を防ぎ、だれにでも居場所と出番のある豊かで包容力のある地域社会をめざして、特定非営利活動法人子ども・若者サポートはみんぐを設立します。

目 的

青少年及びそれに関わる個人、法人、その他団体等(以下、青少年等という。)に対して、子ども・若者に寄り添った多様な自立支援をおこなうとともに、本人・家族の孤立を防ぎ、だれにでも居場所と出番のある包容力のある豊かな地域社会をめざす活動をもって、すべての人が生きやすい社会の創造に寄与することを目的とする。

概 要

理事長 櫻井 裕記
職員・スタッフ 25人(うち有給3人)
ボランティア8人
会員 個人会員96人
他団体会員
事務局 〒396-0025
長野県伊那市荒井3500-1
伊那市生涯学習センター5F
TEL/FAX:0265-76-7627

組織図

組織図

沿 革

平成15年度
長野県教育委員会 不登校支援策『子どもサポートプラン』実施に伴い、上伊那地域10市町村をエリアとして「上伊那子どもサポートセンター」を発足し活動開始。(~平成17年度)
平成18年度
長野県教育委員会 『NPO等による不登校児童生徒支援事業』委託
平成19年度
長野県教育委員会『不登校児童生徒支援ネットワーク整備事業』委託(~平成21年度)
平成19年度
学習支援事業の一部として、広域通信高校「さくら国際高等学校 伊那学習相談センター」開設
平成22年度
長野県教育委員会『笑顔で登校支援事業』委託(1年間)
平成23年度~
伊那市より運営費の一部として負担金を受託
平成24年度~
上伊那子どもサポートセンターが実施主体となり、「若者参加のまちづくり協議会」を発足させ、困難を有する子ども・若者の自立支援を拡充する。
平成25年度~
新しい公共による居場所づくりのためのモデル事業として、上伊那子どもサポートセンターが実施主体となり、「若者参加のまちづくり協議会」発足し、その活動拠点「セジュール」を開所する。
平成26年度
NPO法人準備会を発足
平成28年度6月
「上伊那子どもサポートセンター」「若者参加のまちづくり協議会」を統合して、特定非営利活動法人「子ども・若者サポートはみんぐ」を発足

活動方針

一人ひとりの子ども・若者に寄り添った自立支援はもとより、本人・家族の孤立を防ぐコミュニティーを形成する。

主な事業内容

困難を抱える子ども・若者の支援事業地域交流「はぐくみ食堂」

目  的
新規事業として、地域の大人と子どもたちとのあたたかなつながりの中で子 どもの成長を支える場づくりに取り組み、経済的な困難の中にある子ども・若者たちへ の学習支援、食事提供、悩み相談の居場所としての役割を果たせるように発展させてい く。また、農業・企業・商店街・地域住民のネットワークを構築する。
実施日程
平成29年4月~平成30年3月まで
対象者
子ども及び地域住民
実施場所
コミュニティカフェ「セジュール」

困難を抱える子ども・若者の支援事業学習支援

目  的
経済的困難を有する不登校傾向の子ども、発達障がいの子ども等に週1回、個別に学習支援を実施する。受益者負担金を通常の20%で実施する。
対象者
小・中・高の不登校児童生徒 10名
実施日程
平成29年4月~平成30年3月まで
平日日中、夜間 小・中学生 1回 60分 負担金:1回500円
高校生以上 1回 90分 負担金:1回600円
実施場所
コミュニティカフェ「セジュール」2F 学習室

困難を抱える子ども・若者の支援事業居場所活動

目  的
不登校・ひきこもりの子ども・若者に出口戦略(体験活動・自立支援)を持った居場所を提供する。
実施日程
平成29年4月~平成30年3月まで  毎週火曜日~日曜日
実施場所
コミュニティカフェ「セジュール」他
内  容
ランチ会
目的
10代の若者が主体となって、スタッフ2名と一緒にランチを作って食べる。同世代の仲間と交流する楽しみを味わう。
対象者
不登校傾向の中学生、高校生、通信制高校の学生
実施日程
不平成29年4月~平成30年3月まで 毎月2回 年間24回
スポーツday
目的
不登校・ひきこもりの状態にある子ども・若者にのびのび体を動かしたり、人とのコミュニケーション機会を提供し、心身の健康を支える。
実施日程
平成29年4月~平成30年3月まで 伊那市、飯島町にて、各月2回 年間48回
実施会場
伊那市立市民体育館、飯島町やすらぎ(地域活動支援センター)
カフェ業務(喫茶、パン・花・野菜の販売等)
目的
社会に出ていく準備段階として、セジュールのカフェの仕事に取組み、社会性を身 つけるとともに、地域の方々との交流を深め、自己肯定感を育む。居場所としての要素 を持ちながら、今年度はさらに就労訓練的な要素を強化して、社会に出ていくための 自信を養う場にする。
対象
15才~30才の不登校、ひきこもり傾向にある子ども・若者
実施日程
平成29年4月~平成30年3月まで 水曜日~土曜日 週4日 年間192日実施
農作業
目的
農作業を通して就労体験を行なう。作物を実感するとともに収穫した作物を調理したり、販売したりすることで、達成感味わい、就労への意欲を高める。
対象
15才~30才の不登校、ひきこもり傾向にある子ども・若者
実施日程
平成29年4月~11月 週1~2日
実施場所
荒井区 農地(民泊「とうふや」より借用)
サポートグループ「shinFの会」
目的
ひきこもり傾向にある20代の若者の居場所を開設し、自主的な活動を通して楽しみながら様々な体験活動にチャレンジし、社会参加につながる機会とする。
対象
発達障がいや精神疾患などの生きづらさを抱えた20代の若者
実施日程
平成29年4月~平成30年3月まで 毎月1回 原則13:30~17:00
実施場所
セジュール 他
体験活動、技能習得
目的
そば打ち体験、自然体験等の体験を通して自分で育てた作物を使って料理することを体験する。手芸講習で自分の作品を作る。仲間と語り合い、協力しながら体験を共有する。
対象
15才~30才の不登校、ひきこもり傾向にある子ども・若者
実施日程
不平成29年4月~平成30年3月まで
実施場所
セジュール 他

支援者研修会・ボランティア養成講座の開催

目的
地域で子ども・若者の育ちを支えることの意義と課題、ボランティア・支援者に求められる専門性とその養成をする。
地域で子ども・若者支援に関わる人たちや機関同士のネットワークづくり。
実施日程
平成29年5月~8月  定員10名
実施場所
コミュニティカフェ「セジュール」、伊那市生涯学習センター 支援者研修会運営会議(毎月1回)

パンフレット・ニュースレターの発行とHPの作成

目的
活動紹介、活動の様子、講座の報告等を発行し、地域に情報を発信する 。
HPを作成し(委託)、 上伊那地域の支援ネットワークを 構築する。
発行日程
パンフレット:平成29年 5月  ニュースレター:平成29年 10月、 平成30年 2月
発行部数
1000部
配布先
上伊那地域の小・中・高、民生委員、教育委員会、地域福祉課、病院

地域交流

目的
新規事業として、地域に開かれた居場所や生涯学習の場を設け、講座や体験活動で子ども・若者と地域住民が自然に出会い会話をすることで、若者とまちが共に育っていく場しくみをつくる。
・そば打ち体験…信州そば発祥の地である伊那を広く伝えるための講座。
・ボランティア・地域交流・生涯学習サロン…地域常民が気軽に集い、手仕事をしたり、高齢者の方々とお茶会等で交流したり、歌や紙芝居等を楽しむ等のサロンを開く。
対象
地域住民、高齢者、子ども・若者
実施日程
平成29年4月~平成30年3月まで 年間12回
実施場所
上セジュール

2017年度 事業計画

子ども・若者・家族への直接支援の事業

事業内容 実施予定日時 実施予定場所 受益対象者の範囲
及び予定人数(延べ)
相談・コーディネート事業 常時実施 はみんぐ事務所 困難を有する子ども・
若者及び家族,支援者
300人
情報発信
(広報紙.HP)
年4回 はみんぐ事務所 1回上伊那地域全域
2~3回600部
親の会 毎月1回
19:00~21:00
はみんぐ事務所
中川村文化センター
子ども・若者の家族
180人
はみんぐ学習センター
(さくら国際高等学校伊那学習センター・中学・高校学習支援)
毎週 月~金
9:00~17:00
はみんぐ事務所
その他
困難を有する子ども・若者
1,800回

自立支援事業及び障害者総合支援法による就労移行支援及び自立訓練事業

事業内容 実施予定日時 実施予定場所 受益対象者の範囲
及び予定人数(延べ)
訪問支援(アウト・リーチ) 月1回 上伊那地域 困難を有する子ども・若者
24人
居場所運営(10代~20代) 毎月2回
10:30~14:00
セジュール 他 困難を有する子ども・若者
360人
居場所運営
(20代~30代)
毎月1回
10:30~14:00
セジュール 他 困難を有する若者
60人
自立支援(喫茶) 毎週4回
10:00~18:00
セジュール 困難を有する子ども・若者
220人
自立支援
(農作業)
毎月2回程度
9:00~11:00
15:00~17:00
伊那市内農園 困難を有する子ども・若者
72人
就労体験支援 毎月3回程度 上伊那地域の団体・
企業・個人事業主
困難を有する子ども・若者
24人
スポーツ・
レクレーション
毎週1回程度
13:30~15:30
伊那市民体育館
飯島町「やすらぎ」
困難を有する子ども・若者
180人

多世代交流の居場所づくり事業

事業内容 実施予定日時 実施予定場所 受益対象者の範囲
及び予定人数(延べ)
地域交流 毎月2回
10:00~12:00
セジュール 地域住民
180人

人材育成事業

事業内容 実施予定日時 実施予定場所 受益対象者の範囲
及び予定人数(延べ)
講演会 年1回 伊那市生涯学習センター 研修室 他 地域住民
60人
支援者養成講座 研修会 毎月1回
11:00~12:00
セジュール 他 支援者
180人